日台循環環境シンポジウムで講演しました



2019年4月11・12日 台湾にて 日台循環環境シンポジウムで講演しました。

昨年経済産業省大臣賞の局長賞頂いた事により、 台湾政府機関である工業技術研究院に招待頂き、講演させて頂きました。
食品残差などから高付加価値な機能性成分を発見し、更に排出される残差を有機液肥や家畜飼料として完全循環型の事業を確立した事が評価されたようです。
日本も台湾も島国で資源に乏しい、地産地消が叫ばれる中、その取り組みはどこの国でも重要課題です。
ジェヌインは、セラミドを初め、脂溶性ポリフェノール、きのこ研究などで台湾政府からその技術を高く評価されました。
この次の日には、台湾研究者、経営者、政府関係者の前でお話させて頂きました。
今後多くの国の役に立てれば嬉しいです。